杉水峠(2012.9.27)

杉水峠道を歩く

杉水峠は私が峠歩きを始めるきっかけとなった峠だ。10数年前にこの峠道を歩いた時は全く人の手が入っていない状態で、荒れ放題の酷い藪道を苦労して上がって行ったら、突然深い切り通しの峠が現れたのでびっくりしたことを憶えている。平野育ちの私がこのような深い切り通しの峠を見たのは初めてだったので、大きな感銘を受け、何度かこの場所に足を運んだし、他にもこのような峠を見たいと峠歩きを始めた次第である。その当時、この峠は全く顧みられず、消え去る運命にあるように見えたが、その後地元の方が整備されたと聞いたので、再度行ってみる気になった。

この峠は石川県山中温泉の奥にある九谷ダムから更に奥に入った杉水集落と今立集落を結ぶ峠で、昔は杉水から街に出るためにはこの峠を越えるしかなかったので、非常に重要な峠だった。今でも、この峠区間は車で通り抜けられないものの、県道に指定されている(いわゆる不通県道)。この峠道は昭和40年代初めまで確実に生活道として使われていたので、かなり立派で、ずっとほぼ2m50幅の道が続いている。昔はこの道を守るために、専属の人間がひとりいたというのだから恐れ入る。このような道はモータリゼーションの波と共に早々と消えていき、昭和30年代後半、40年代初めまで生き残った例は稀で、歩く道として一番直近まで保守管理され、使われた例として貴重な資料になると言えるのではなかろうか。

この峠行の詳細は後日、姉妹サイトのU字倶楽部にアップする予定です。

suginomizu 003
杉水峠道の杉水側入口

suginomizu 015
石垣で土留めされた跡が残る

suginomizu 037
杉水峠

suginomizu 064
今立側に降りていくと一旦林道に出る

suginomizu 077
林道と見まがう平坦で整備された道

suginomizu 083
道の大回廊(傾斜を緩くする為に尾根を削ってループ状に道が着けられている)

suginomizu 094
峠道の今立側入口
スポンサーサイト
.28 2012 峠歩き comment8 trackback0

火燈古道(2012.9.14)

火燈古道から火燈山へ

大内峠から尾根伝いに火燈山に登る登山道(火燈古道)が整備されたというので、早速行ってみることにした。

hitomoshikodou 005

大内集落跡の白山神社横から登って行く登山道入口には立派な火燈古道の案内板が出来上がっており、草深かった登山道も小奇麗になっていた。

hitomoshikodou 011

登山度入口から5分も掛からず、大内峠へ。峠道も綺麗に清掃が行き届いており、これだけ気持ちよくこの峠に登れたのは今回が初めてだ。

hitomoshikodou 014

白山神社前にあった峠のお地蔵さんも元の場所に戻ると共に、立派な石碑も出来上がっていた。

hitomoshikodou 031

登山道も良く整備されており、気持ちよく歩けた。

hitomoshikodou 032

登山道はずっと樹林帯の中で殆ど展望はないが、登山道の所々で、木々の間から富士写ヶ岳が望めた。

hitomoshikodou 048

登山道入口から2時間、少々バテ気味で頂上に到着。この登山道は急登の連続で、またこの日は猛暑ということもあり、思った以上に体に応えた。時間があれば不惑新道から富士写ヶ岳を周回するコースを歩くつもりだったが、この日はそのまま来た道を戻った。下りは意外に早く、1時間15分ほどで登山口に降りてきた。

この山行記録の詳細は後日、U字倶楽部にアップする予定です。

.15 2012 山歩き comment0 trackback0
 HOME 

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR