一乗滝から殿上山登山口まで

一乗滝から殿上山登山口まで(2013.12.23)

PC230005.jpg 
一乗滝
一乗滝から殿上山の登山口まで歩いてきた。先日、砥山に登った際、福井・鯖江市境尾根を西に歩いて砥山に登ったが、地図を見ていたら逆の尾根筋に峠がありそうな場所があったので行ってみた。結果論から申し上げれば、峠はなかったものの、尾根筋にずっと掘れた古道跡があり、そこを歩くことができた。また、尾花キャンプ場まで行ってみたら、殿上山登山口と書かれたしっかりした案内板が出来上がっていたから、登山道が整備されたようだ。殿上山に登ったこれまでの記録を見ると、みんな薮漕ぎして登っているから、最近再整備されたようだ。殿上山にはまだ登っていないので雪が解けたら、早速行ってこよう。

>>今回歩いたルート

スポンサーサイト
.28 2013 山歩き comment0 trackback0

豊原裏山

豊原裏山の巡視路を歩く(2013.12.19)

PC190026.jpg
富士写ヶ岳、小倉谷山、火燈山を望む(@最高地点の14号鉄塔付近)
今年1月に豊原裏山の鉄塔巡視路を歩いたとき(このときの山行記録はこちら)には1mもの積雪があり、12号鉄塔からの降り口が解らず、急な崖を降りる羽目になってしまった。しかし、12号鉄塔から竹田渓谷沿いの県道に降りる巡視路があるはずなので、まだ雪の少ないこの時期に、確認しに行くことにした。

>>今回歩いたルート

.21 2013 里山歩き comment0 trackback0

砥山から金谷峠

砥山から金谷峠(2013.12.17)
PC170054.jpg 
金谷峠のお地蔵さん
昨日(12/16)、砥山(といしやま)のことが地元紙に載っていた。この山を舞台に今秋県民登山大会が行われており、また山頂付近では昭和30年代まで砥石を採掘していたそうで、興味を持っていた。しかし、情報が少なく、はっきりしたルートが解らなかったので山行きを敬遠していたが、新聞に載ったのをきっかけに行ってみる気になった。足に激痛が走ってから本格的な登山をしていないので、標高465mのこの山は足の調子を見るには格好の山だ。それに砥山から金谷峠までの尾根道も藪を切り開いて頂いたということなので、これも前々から行きたかった金谷峠まで足を伸ばすことにした。

>>今回歩いたルート

.18 2013 峠歩き comment0 trackback0

大慈峰観音霊水(大安禅寺)

大安禅寺裏山の大慈峰観音霊水(2013.12.5)

PC040002.jpg
大慈峰観音霊水の石碑
足の調子は大分よくなってきているのだが、北陸地方はずっと雨が降ったりやんだりのはっきりしない天気が続いており、なかなか山に行けない。この日も少し晴れ間が覗いていたので、大安禅寺の裏山に出かけてみたがやはり途中から雨が落ちてきて、なかなか落ち着いて山歩きをする状況にならないのが残念だ。

>>今回歩いたルート

.06 2013 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR