殿上山、折立峠、赤谷峠(特定できず)

2015.10.27

赤谷峠は美山(現福井市美山地区)の人々が山を越えて福井平野に出るルートのひとつだった。大野から丁(ようろ)坂を越え、味見を通って、この峠を越えるルートがあり、大野から福井平野に出る最短ルートだった。このすぐ南には折立峠があり、そちらのほうが通行量が多く、赤谷峠のほうが早く使われなくなってしまったようだ。赤谷は麓にある赤谷集落から来ているが、赤谷は平家の落人伝説がある集落で、殿上山はその一族が見張り所として、また他の一族と連絡を取るために、狼煙を上げたところだとも言われている。

PA270061.jpg
殿上山山頂
この日の一番の目的地は赤谷峠だったが、目星をつけていた場所には切通しの峠は存在せず、もうひとつの推定地に向かった。その推定地は殿上山登山道から枝分かれした尾根上にあると思われたが、薮がひどいので、後で行くことにして、先に殿上山に登ることに。しかし、その殿上山も今は薮山で、途中から登山道がはっきりせず、コンパスと地図がなければ遭難してしまっていたのではないかと思えるほど大変な登山となった。それで、赤谷峠は諦めざるを得ず、そのまま下山することになってしまった。

>>今回歩いたルート


スポンサーサイト
.27 2015 山歩き comment5 trackback0

えんど越え(荒谷越え)

えんど越えに再挑戦するも行き着かず(2015.10.15)

前々から行きたかったえんど越え(荒谷越え)の峠に再挑戦したが、結局行き着けなかった。この峠道については最近、地元山岳会の方々が整備されたとのことだったので、地図も持たずに出掛けたが、結局ルートが解らず徒労に終わった。市谷・荒谷の両方からアプローチしてみたが、途中でルートが解らなくなってしまった。特に荒谷からの峠道は間伐作業のため、元の峠道に新しい作業道が出来上がってしまい、以前来たときと様変わり。また、間伐作業のためにそこら中にピンクのテープや歩いた跡があり、全くルートが解らなくなってしまっていた。

PA150027.jpg
二又(蟹ノ目山とえんど越え分岐)の現状
えんど越えは市谷の人々が荒谷にあった東谷奥村の役場に通うために使われた山越えの道。大正時代まで使われたそうだから、90年ほどは使われていないことになる。その為、今回歩いてみたが峠道の痕跡は薄い(峠近くにはしっかりした道跡が残っているそうだが)。この近くにある大土集落から大杉村に至る鶴坂峠道同様、沢筋を遡る道だったようだ。



.15 2015 峠歩き comment0 trackback0

経ヶ岳

10年ぶりの経ヶ岳(2015.10.06)

PA060023.jpg
経ヶ岳(中岳より)
奥越の経ヶ岳(1625m)に登る。この山には10年ほど登っていなかったが、お声が掛かったので久し振りに行く気になった。この山は県境にある山を除けば、一番標高が高く、福井県内で一番高い山との言い方をされる。百名山で有名になった荒島岳より、私はこの山のほうが好きだ、展望が良く、高原状になった稜線を歩く登山道は非常に気持ちがいい。

>>今回歩いたルート


.06 2015 山歩き comment2 trackback0

高倉山新道開発

高倉山新道開発(2015.10.03)
PA030011.jpg
一番蛸坊主らしい蛸坊主
先月29日に続いて、高倉山周回コース開発のお手伝いをする。加賀山岳会の薮漕ぎ山男さんは高倉山から蛸坊主を通り、尾根伝いに徳助の頭まで道をつけ、更に小大日から女郎ヶ滝、千束ヶ滝のほうに降りてくる周回コースを計画しているそうだ。今日も作業を行うというので、その一助になればと高倉山に出掛けることにした。、

>>今回歩いたコース


.03 2015 山歩き comment3 trackback0
 HOME 

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR