木落山

ブログ始めました。このブログでは山登りとまで言えない、低山・里山歩き等の記録を掲載していきたいと思っております。今回は芦原温泉駅(あわら市)の東に広がる小さな山域、木落山周辺を歩いてきました。

kiotoshiyama 005
芦原温泉駅から地下道をくぐって、国道8号線に至る県道に入り、小林化工と書かれた工場の横の道を左折。山越えの道をトリムパークかなづに向かいます。途中にあるグラウンド近くに車を停め、歩き出します。

kiotoshiyama 024
林道にはかなり雪が積もっていたので、今年初めてワカンを着けました。新しい林道(作業道)が縦横無尽に張り巡らされ、前回来たときとは様相が一変しています。新しく出来た林道を歩いてみますが山をぐるぐる巻いて、元の場所に戻ってきてしまいました。 

kiotoshiyama 008
今度は、前回の記憶を頼りに昔の山道をたどり尾根に到達。そこには昔ながらの標識がありました。 

kiotoshiyama 011
尾根をたどり、木落山頂上へ。道はしっかりしています。山道は雪が少なく、特にワカンは必要ない感じですがワカンを外すのが面倒なので、そのまま歩きます。15分ほどで頂上に着きました。二等三角点(点名:矢地)の標石は雪に埋もれて見えませんが山名標識と白い三角点表示杭が顔を出していました。

kiotoshiyama 012
頂上からは雪景色の坂井平野が望めます。

kiotoshiyama 016
帰りは北に向かう尾根道を歩き峠(トリムパークかなづに向かう山越えの道の途中)に向かいます。この山は近くの小学校の里山登山に使われているので、道は良く整備されています。所々に動物が土を掘り返した跡があります。イノシシかニホンカモシカが餌を捜したのでしょう。

kiotoshiyama 019 
イノシシかニホンカモシカと思われる足跡が点々と続いています。

kiotoshiyama 021
頂上から30分ほどでトリムパークかなづに向かう山越えの道に降りてきました。ここは峠のようになっています。

kiotoshiyama 022
道を横切り今度は逆の山道に入り、タコ山に向かいます。

kiotoshiyama 026
林道はしばらくで終わり、急な斜面が現れます。歩きやすいところを選び、尾根に取り付きます。

kiotoshiyama 027 
タコ山の尾根に出ました。ここを左に行けばタコ山ですが、今回はタコ山のほうに向かわず、北のほうの尾根を歩くことにします。

kiotoshiyama 028
尾根道をたどると小さなピークに出ました。ここから道らしき道は見当たりませんでしたが、ピンクのリボンがあったので、そこから山を降りて行くことにしました。

kiotoshiyama 031
雑木林の緩斜面を降ります。

kiotoshiyama 033
菅野に至る旧い林道に出ました。この林道を右に進みます。

kiotoshiyama 036
するとすぐにトリムパークかなづに向かう山越えの道に出ました。

kiotoshiyama 037
その林道はトリムパークかなづに向かう山越えの道を跨ぎ続いていたので、そこを歩きます。

kiotoshiyama 038
林道は思ったより長く、トリムパークかなづ南隣に広がる田んぼ道に出ました。ずっと曇り空だったのに、ここに来て大粒の雪が落ち始めました。

kiotoshiyama 040
そこから田んぼ道を引き返し、県道に出て車に戻りました。

kiotoshiyama 042
1、2時間の散歩のつもりでしたが、車に戻ったのは午後6時。結局、3時間半ほど山の中を散策することになりました。木落山は近くの小学校が里山登山に使っているので、登山道はかなり整備されていますが、殆ど歩く人がいないのが残念です。この日も全く人が歩いた形跡はなかったです。

今回(2012.2.11)歩いたルート  >>詳しい地図

スポンサーサイト
.16 2012 里山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/1-e2d1cb2d

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR