地蔵峠(医王山)

地蔵峠(医王山)


PA180041.jpg
地蔵峠
医王山山系にある地蔵峠に行く。医王山は金沢市民にとって最も親しみのあるハイキングコースで、登山道の整備も行き届いている。その一郭にある地蔵峠にはあまり期待してなかったが、歴史を感じさせる峠道がくっきり残っていたので、見直さざるを得なくなった。この峠を越えて金沢平野と砺波平野を繋ぐルートがあったのは確かなようだ。また、医王山一帯は山岳修行が盛んだった医王権現の修業の場だったそうで、登山道のあちこちに顔を出している地面のくぼみや道跡らしきものには歴史が感じられた。

>>今回歩いたルート


PA180001.jpg
医王山ビジターセンター
この日は医王山ビジターセンターから登った。ビジターセンターはかなり山深いところにあり、細いグネグネの林道をかなり走らねばならない。

PA180015.jpg
途中の尾根道から見えた金沢市街
ビジターセンターからは、箱屋谷山を通って地蔵峠に至るコースを選ぶ。途中から金沢市街が見えてくる。

PA180013.jpg
登山道の様子(地蔵峠手前)
登山道はよく整備されており、危険なところは全くない。

PA180027.jpg
地蔵峠のお地蔵様
地蔵峠に到着。その名に恥じず、峠のお地蔵様としてはかなり大きく、立派だ。

PA180026.jpg
小学生の遠足で賑わう地蔵峠
遠くからキャッキャ、キャッキャいう子供の声が聞こえていたが、地蔵峠に下りてきたら、ちょうど小学生が通過中だった。

PA180029.jpg
旧い峠道の跡
お地蔵様の後ろにははっきりした道跡が・・・少し下りてみたがずっと谷沿いに掘れた道が残っていた。反対側にも道跡らしきものがあったから、昔は谷筋を登ってきて谷筋を下りて行った峠ではなかったのかと思う。『金沢出身の作家室生犀星も明治39年と昭和15年ころ二度、当時の表登山口だった二俣町から地蔵峠を越え、医王山に登った』そうであるから、昔の峠道も金沢から二俣町にやってきて、そこから沢沿いに登って来たと思われる。峠から砺波平野に向かうルートは複雑だが、一旦谷沿いに大沼に下りて、大沼からさらに谷沿いに登ったところに金山峠があるから、そこで県境を越えたと思われる。砺波平野側には祖谷道というものが残っているそうだから、それを使ったのだろう。これは全く個人的な推測なので、詳しい情報をお持ちの方は一報いただけると幸いです。

PA180046.jpg
この日一番の紅葉
今年は紅葉がいまいちのようだ。かなり、落葉も始まっているが、青葉もまだたくさん残っている。その中で、真っ赤に色づくこの木だけが出色の美しさだった。

PA180049.jpg
白兀山山頂
白兀山まで足を伸ばす。医王山には石仏が多い。

PA180064.jpg
鳶岩
白兀山から大沼に向かう。途中からは鳶岩が見えた。

PA180060.jpg
大沼(おおいけ)
大沼は静けさに包まれていた。紅葉がもっと進んでいれば湖面に映える赤や黄色が鮮やかだったと思えたが、この日はいまいち。

PA180065.jpg
大沼からビジターセンターに向かう林道
大沼からビジターセンターへは長い林道歩きだが、この林道は一般車通行止め。ほとんど車が通らないと見え、轍が少なく道が平坦で、歩いていても気持ちよかった。




スポンサーサイト
.18 2016 峠歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/107-3c08ac01

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR