見田越・美濃峠

旧清水町の峠を歩く(2017.03.01)

P1010035.jpg
美濃峠
福井城下から越知山に参る「越知道」が旧清水町を通っていたことを知り、旧清水町の峠に興味を持った。その第一弾が今回の見田越と美濃峠行きとなった。

>>今回歩いたルート


P1010007_20170302174755b45.jpg
ここから見田越へ
乏しい情報から見田越のルートを推定。その大森町(旧清水町大森)側入口から峠を目指すことに。行ってみると入口は工場のような建物の裏手にあたり、広場のようになっていた。広場の中を進んで行くと山の中に入って行く道跡らしいものがあった。


P1010009.jpg
道跡
その道跡を辿って山の中に入ると、元道だったと思う辺りは沼地のようになっており、これが昔の峠道かどうか不安になってきた。それでもさらに進んで行くと道跡らしきものが谷筋に続いていたのでそのまま進んで行く。


P1010013.jpg
狭い谷筋を登っていく
谷が三つに分かれたところがあり、真ん中の谷筋を進む。谷は細くなり、道跡らしきものも消えてしまった。谷筋も山の斜面にぶつかりそこで終わりとなった。これは元の峠道ではないと思ったが、戻るのも億劫なので、そのまま急斜面をよじ登る。尾根に出たが、どちらに行っていいか解らない。近くにゴルフ場らしきものが見えた。見田越は今も残っていればゴルフ場脇にあるはずなので、ゴルフ場の縁に沿って進んで行った。

P1010021_20170302174759cc9.jpg
峠道??
山の中をさまよっていると、広い谷が現れた。その谷筋を登っていく。谷は広く平坦で歩きやすかったが、道跡らしきものは見当たらない。

P1010023.jpg
ここが見田越か
その谷を詰めたところからゴルフコースが見えた。そこは広い尾根となっており、峠があるなら、ここが峠のはずだがその確信は持てない。後で解ったことだが、ここに見えているコースが11番ホールだったようだ。

P1010024.jpg
反対側に下りて行く道
反対側に下りて行く谷筋も広く、緩い坂となっているが、はっきりした道跡は見当たらない(なお、後で反対側からアプローチし、この谷筋を歩いて峠に到達している)。仕方がないので、その尾根上にあった林道をゴルフ場と反対側に進んでみる。

P1010025_20170302174803783.jpg
林道を歩く
すぐのところに鉄塔巡視路の標識があった。ここから林道を歩いて行ったが、途中から林道が荒れてきて、道かどうか解らなくなってくる。最後は道跡も行き止まりとなってしまい。そこからは山を下りるべく、めくら滅法に進んで行った。

P1010028_201703021748059dd.jpg
山中をさ迷い歩いてここに出てくる
山中をさ迷い歩き、最後は元田んぼだったと思われる沼地に出た。民家の軒下を通り、県道に出る。そこはスタートした大森町から山ひとつ越えた本折町だった。そこから車を置いた大森に向かう。

P1010081.jpg
美濃峠は県道のすぐ上
県道の途中に美濃峠があるので、そこに廻ってみる。この峠は現在の県道の旧道に当たるようだが、使われていたのはかなり昔のことだと思われる。

P1010031_201703021748066ca.jpg
ここから美濃峠へ取り付く
先日この峠を歩いており、その時は反対側から歩いた。しかし、県道の横に峠に入って行けそうな場所があったので、そこから峠に取り付く。入口にはお地蔵さんが三体祀られていた。峠にあったお地蔵さんだと思われる。

P1010035.jpg
美濃峠
ひと登りで峠に着いた。ここも小さな峠だが深く掘れており、昔は本道として立派に役割を果たしていたに違いない。

P1010044.jpg
峠道はここに出てくる
そこから大森町に向かって峠道を下りて行くと、200mほどで住宅地に出る。美濃峠は美濃国(現岐阜県)が見えたからその名がついたと言われている。この日は良く解らなかったが、天気が良ければこの辺から岐阜県境の山くらいは見えるかもしれない。

P1010052.jpg
峠道の様子
山沿いに昔の峠道らしきものがあったので、そこを進んで行く。途中畑となり、道かどうか解らなくなったが、その先にあぜ道と見間違うような細い道があったので、そこを進んでみる。

P1010055.jpg
民家の横を通る峠道
その道は民家の間を通っていた。いまは人が一人通れるくらいの細い道だが、昔はある程度の幅があったと思われる。

P1010058.jpg
峠道はここに出て来る
峠道は現在の県道の旧道と思われるところに出てきた。少し歩くと、天目山神社の鳥居があった。そこから山裾の道を歩き、車に戻った。そこから車で今歩いてきた道を戻り、本折町側に廻る。

P1010075.jpg
見田越(鉄塔の右辺り)を見渡す
峠道の本折町側の入口があったと思われる場所に行くと、建設現場の事務所のような建物があったので、そこにいた人に見田越のことを聞いてみると、よくご存じで、丁寧にその道筋を教えてくれた。その道はゴルフ場の縁を進んで行くルートだ。見田越があるところには11番ホールがあるとのことだった。


P1010062.jpg
峠道
放置された田んぼの中のあぜ道のようなところを進んで行く、左側にはゴルフ場のフェンスがある。

P1010064.jpg
道跡
途中、昔の道跡らしきものがはっきり現れた場所があった。

P1010071.jpg
見田越
途中から道は沼のようになっていたが、そこを過ぎると、広い谷筋となった。そこをさらに進んで行くと、先ほど峠だと思われた場所に到達した。家に帰って調べてみると、その場所から見えていたゴルフコースが11番ホールだと解ったので、ここが見田越の峠で間違いないと思われる。

P1010085.jpg
天王坂(泰澄の道)入口
更に足を延ばし、越前町の天王坂・牛越坂に廻ってみた。天王坂の入口には八坂神社があり、その脇から登って行ったところに天王坂があることが解ったが、今日は風邪気味で体調が悪く、登るのは次回に譲ることにした。

P1010088.jpg
泰澄の道の道標
天王坂に上っていく道は泰澄の道に指定されているので、この峠道は不安なく歩けそうだった。

P1010084.jpg
黒塀の造り酒屋
八坂神社の前には黒塀に囲まれた造り酒屋があった。この造り酒屋と言い、八坂神社と言い、まっすぐに伸びた道と言い、この辺はかなり都会的というか、古都京都に似た雰囲気がある。





スポンサーサイト
.01 2017 峠歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/123-b99f5ea0

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR