スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

伊伎神社

継体天皇ゆかりの地

確定申告で三国税務署に行ったついでに、正月に芝政に行ったときに知った継体天皇ゆかりの伊伎神社によってみた。継体天皇は治水事業を行ったことで知られているが、伊伎神社がある池上にはその事業を行うための離宮があったとされる。

DSC01936.jpg
伊伎神社
池上に行くと、集落の中央に日本武尊や継体・安閑両天皇を祀る伊伎神社があった。伊伎神社は池上集落の村社のようだが、その割には立派な社殿が鎮座していた。境内にはかなり古いと思われる巨木が何本も生えており、鬱蒼とした森の雰囲気だ。神域として長年尊崇されてきたことが解る。


DSC01935.jpg
境内にあった大木
木の種類は解らないが大木が何本も生えていた。

DSC01940.jpg
大鳥居
境内は丘陵のへりにあり、大鳥居からかなり急な階段を登って行くと、もう一つ鳥居があり、拝殿に至る。

DSC01933.jpg
伊伎神社由来記
由来記には創祀年代は明記されていなかったが、540年には再興されているそうだから、かなり古い。中世には廃れ、白山神社に合祀さられたそうだが、明治後期に伊伎神社に名称を変更し、現在に至っている。

DSC01944.jpg
集落内にあった道しるべ
集落内をプラプラしていたら、お地蔵さんが祀られていたと思われる石祠を見つけた。写真ではよく解らないが、「右番堂野道、左城・波松道」と書かれてあり、追分のお地蔵さんだったようだ。古そうな道が10mほどは続いていたが新しい道のところで道跡は消えていた。二人ほど地元の人にお会いしたので、この神社と継体天皇について聞いてみたが、よく解らないとのことだった。詳しい人が居られるというので、そのお宅にお邪魔してみたが残念ながらご不在だった。


スポンサーサイト
.06 2018 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/154-2dc27afe

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。