吉谷から巡視路を使って火燈古道へ2

巡視路を使って火燈古道へ、そして火燈山頂(2011.11.12)

先日(11/10)果たせなかった、巡視路から火燈古道に取り付き、火燈山に登る計画に再挑戦した。結果を先に申し上げれば、一応計画は果たせたものの、巡視路は荒れており、道がなくなっているところもあったので、このコースを歩くことをお勧めすることは出来ない。今回のレポートは山行記録として残しておくものであり、このコースを推薦するものではない。それでも歩きたいと言う方は自己責任でお願いします。

yoshitani2 002

今回はたけくらべ温泉の前にある建物の横から入って行く林道から巡視路に取り付くことにした。林道の車止めの近くに車を置いて、更に林道(作業道)をまっすぐ登って行く。

yoshitani2 004

車止めから少し上がって行くと、狙い通り巡視路の標識があった。標識には「左:203号鉄塔、左:204号鉄塔」の表示があり、ここを203号鉄塔のほうに進む。


yoshitani2 009

林道(作業道)はすぐに終わりになり、そこからは谷筋の薮道となる。谷筋にも踏み跡が続いていたが、左の斜面を上って行くところにも薄い踏み跡があり、そちらが巡視路のようなので、そこを進んで行った。

yoshitani2 011

すると、白い手摺があったのでこちらが巡視路で間違いないと思われた。

yoshitani2 020

そこからは断崖絶壁に付けられた道で、殆ど道は崩れており、足の置き場を捜すのも大変だった。この巡視路は最近殆ど手が入っていないようで、鉄塔を保守点検する人も相当大変な思いをされているのではないだろうか。巡視路によっては登山道より整備されていて歩きやすい道もあるが、この巡視路はとてもお勧めできるものではない。203号鉄塔まで急な斜面の直登が続いた。15分ほどで203号鉄塔に着く。

yoshitani2 024

203号鉄塔から202号鉄塔までは木々が伐採されており、広い切り開きの中を進むことになる。道は切り開きの中の急斜面をトラバースして進んでいたがここも道は殆ど崩れており、薄い踏み跡を捜しながら進んだ。途中道が全く失われているところもあった。草もひどく、夏場は歩けたものではないだろう。15分ほどで火燈古道の登山道上に建つ202号鉄塔に着いた。

yoshitani2 034

時間があったので火燈山まで登ってみることにした。登山道脇の木々は落葉が進んでいる。

yoshitani2 036

火燈古道は夏場に来ると展望がないが、この時期だと葉が落ちているので、周囲の景色を楽しみながら登ることが出来る。木々の間から富士写ヶ岳が良く見えた。

yoshitani2 037

739mのピークからは眼の前に火燈山の頂上が望める。ここから一旦降って登り返せば頂上だ。

yoshitani2 048

頂上には誰もおらず、360度の展望を独り占め、紅葉した小倉谷山がまじかに望めた。この後、再度巡視路に戻って吉谷への道を探索するつもりだったので、小倉谷山には登らず、来た道を戻った。

yoshitani2 084

巡視路に取り付いた林道まで戻り、今度は標識のところを逆に進み、204号鉄塔まで行ってみることにした。ここも林道からの取り付きが解かりづらかったがピンクのテープがあったので、それに従って歩くと204号鉄塔に辿り着いた。こちらの巡視路も荒れていた。204号鉄塔下の切り開きはつい最近薮が刈られたようで、切り口が新しかったが、巡視路は特に整備された様子がないので、大黒線(大黒部幹線)の巡視路は最近定期的な整備が行われないのかもしれない。

yoshitani2 088

204号鉄塔の南東隅から更に巡視路が続いていたので降りてみることにしたが、道は更に状態が悪く、道を探すのも大変な状況だ。それでも、先日歩いた林道終点まで巡視路が続いていたことを確認し、帰路に着いた。

吉谷から火燈山に登り、火燈古道を202号鉄塔まで降り、巡視路を使って吉谷に戻るルートを開発するのが今回の狙いだった。確かにそのルートは存在したが巡視路は荒れており、道も解からないような状況だから、残念ながら一般登山道として使うのは無理なようだ。

>>今回歩いたルート
スポンサーサイト
.13 2012 山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/17-4f321014

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR