芦見峠周辺をうろつく

芦見峠、吉峰坂(2012.11.16)

11月に入って北陸地方は連日の雨。この日だけは晴れだとの予報だったので、出かけることにした。とりあえず、永平寺町(旧上志比村)吉峰から大仏林道を登って、吉峰坂の峠に行くことにした。吉峰坂は福井市(旧美山町)芦見地区の呼び名で、大仏林道の案内板には福平峠と書かれてある。

ashimitouge2 001

吉峰に向かう道から、吉峰坂の一本杉が良く見えた。

ashimitouge2 038

大仏林道を登り詰めたところが吉峰坂の峠だ。下から見えていたのはこの大杉だ。林道が出来たため、昔の峠がどんな風だったのか全く解からない。峠にはお地蔵さんが鎮座していたが、雪囲いがしてあり、中は覗けなかった。峠の周辺はちょっとした公園のようになっているので、少し散策することにした。ここにはログハウス風の山小屋もあるのだが鍵が閉まっており中に入れなかった。ここから経ヶ岳に続く尾根に取り付こうとしたが薮がひどく敬遠。皿谷に降りる林道を走り、その途中にある登り口から芦見峠に登ることにした。

ashimitouge2 135

車で10分ほど降りていくと、道が大きくカーブしたところがあり、ここが芦見峠の登り口だ。芦見峠には勝山市鹿谷のほうから登ったことがあるが、こちらからは初めてだった。

ashimitouge2 091

峠道沿いに堰堤があり、道が付け替えられてしまったようで、少し解かりづらいところもあったがふたつ目の堰堤からは昔ながらの峠道が現れた。この峠道には特に鉄塔巡視路の表示はなかったが、例の黒いプラスチックのステップがあったから、巡視路としても使われているようだ。草が少し気になったところがあったが峠道はほぼ良好な形で残っていた。峠は相変わらず静かな佇まいを見せていた。峠からの白山の展望が素晴らしかったので、尾根筋にある鉄塔まで行ってみることにした。

ashimitouge2 098

うっすら雪の積もった尾根道を登って行く。かなり葉は落ちているが紅葉もまだ綺麗だ。

ashimitouge2 100

鉄塔からは快晴の青空に浮かび上がる白山が待ち構えていた。これだけ素晴らしい白山の眺めは滅多にお目にかかれない。芦見峠周辺の尾根筋は白山の絶好の展望台だ。姿の良い白山が堪能できる。この鉄塔から奥に更に巡視路が延びていたので行ってみた。かなり奥まで尾根沿いに道があったが途中から谷に降りて行くようになったので、引き返すことにした。巡視路は次の鉄塔に続いているようだった。

ashimitouge2 052

林道に戻り、今度は皿谷に降りて行くことにしたら、林道途中にお地蔵さんがあった。隣の石柱には『右:西俣道』と書かれてあった。昔の峠道はこのお地蔵さんがあるところから谷筋をまっすぐ皿谷に降りていっていたようだ。鹿谷町北西俣の峠道入口にあった石柱と同じつくりだった。鹿谷の人は芦見峠と良い、芦見の人は西俣峠と言ったのだろう。

ashimitouge2 144

芦見地区に降り、皿谷集落から所谷集落に廻る。古い地図を見ると所谷から吉峰坂の峠(福平峠)を越え、吉峰に降りて行く道がまっすぐ描かれている。その峠道を見たくなった。所谷集落に来ると、谷川沿いに道があったので、少し入ってみる。

ashimitouge2 148

昔峠道だったところは林道になっていた。地元のおばあちゃんにこの峠道のことを聞いたら、昔は吉峰まで歩けたが30年も前に歩けなくなったと語っていた。おばあちゃんはこの峠のことを吉峰坂と呼んでいたので、この峠を福平峠ではなく、吉峰坂と呼ぶことにした。おばあちゃんは昔この峠道を歩いたことがあるし、九十九廻坂を越えて大野のほうに行ったこともあると話していた。おばあちゃんは九十九廻坂を「くじゅうくめぐりざか」ではなく「くじゅうくまわりざか」と呼んでいたので、今後はそう呼ぶことにした。

ashimitouge2 151

帰り道、福井市内の八号線を走っていたら、白山がぼおーっと浮かび上がっていた。夕方5時ごろだ。ただ白いだけでなく、蛍光塗料を塗ったように輝いているように見えた。白山の素晴らしい展望を含め、今日は多くの収穫があったので、満足して家路に就いた。

スポンサーサイト
.17 2012 峠歩き comment2 trackback0

comment

豊原
こんにちわ  豊原 竹田方面を訪れていて以前の記録をみさせていただき気になったのでちょっとコメントします
このあたり伐採作業が盛んな為か 最近作業道がたくさんできてますね 吉谷方面も作業が盛んですね  最近 大峠にいきましたが  峠はのこっているものの 作業道が稜線すぐまででき古道がかなり壊されていました 豊原跡も今年は整備がしてなく伐採倒木そのまま、林道が河原みたいになっていました このあたりかなり歴史が濃くる面白い地域ですのにもったいない感じがしました 
2012.12.08 10:45
ジーアイシュー
豊原さんへ
コメントありがとうございます。
今月5日に豊原の裏山尾根を歩いてきたところですが、作業道工事の真っ最中で重機が山を削っていましたし、確かに吉谷の火燈登山道あたりにも新しい作業道ができていますね。竹田周辺の山が顕著ですが、県内どこの山を歩いていても新しい林道や作業道が目に付きます。

数年前に林野庁は採算重視の林業から山林保全のための林業に転換するような話が出ていましたが、あれはどうなったのでしょう? 山林伐採のためではなく、山林整備をやりやすくするために作業道を付けているのかもしれませんが、もっと違ったやり方がありそうなものです。作業道や林道を作るのでは本末転倒のような気がします。残念な事としか言えません。しかし、そんな山でも私は歩き続けたいと思います。

2012.12.08 17:53

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/18-cd2f1e45

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR