黒谷峠と鞍掛山

黒谷峠(四十九院隧道上の峠)から鞍掛山に廻る(2012.12.17)

まだ歩いたことのない搭尾登山道から鞍掛山に登ろうと登山口に向かったが近くに来たら、気が変わった。黒谷峠に登ってみる気になった。黒谷峠は山中温泉と四十九院町を結んでいた峠で、四十九院隧道(旧四十九院トンネル)あたりの上を越えていたようだ。この峠に関する知識は余りないが今は旧トンネルの下に更に新しいトンネルが出来上がっているところをみると、このルートは昔からかなり需要があったものと思われる。昔の峠もかなり規模の大きいU字の峠である可能性が高く、楽しみだ。

shijuukuin 002 
巡視路入口
搭尾登山口の看板を通り過ぎ、四十九院町に向かう。黒谷峠にはどこから取り付けば良いのか解らなかったが、以前この周辺の山を歩いたという方の記録を読んだことがある。そのおぼろげな記憶によると、墓があるところから巡視路に入って行ったと書いてあったような気がしたので、四十九院町あたりの墓地を捜す。墓地は何カ所かあり迷ったが、搭尾登山口から四十九院町に入るところに墓があり、そこの裏山を覗くと、赤い巡視路の標識があったので、そこから山に入ることにした。

shijuukuin 009 
233号鉄塔
巡視路に入るとすぐに右に登って行くようになっていたが、まっすぐ進んだ谷筋にも何やら古そうな道がありったので、そちらを進んでみたがすぐに道がなくなったので、軌道修正し、巡視路を捜したところ、すぐに巡視路に合流することが出来た。よく整備され巡視路を登って行くとすぐに233号鉄塔に行き着いた。ここの送電線は関西電力のものだが、例の大黒部幹線ではなく、北陸幹線(福)となっていた。

shijuukuin 013
尾根筋に続く快適な巡視路
巡視路は快適そのもので尾根筋によく整備された道が続いていた。巡視路には、尾根の両側から旧い道が上がって来ているところが何ヶ所もあった。昔はこの尾根を越えて人々が往来していたのだろう。小さな峠道らしきものが何本もこの巡視路を横断していた。上記写真の地点も巡視路の両側に道の跡があり、巡視路の上に浅い窪みがあった。このあたりは人里に近いし、山中温泉があるから、頻繁な人の動きがあったようだ。

shijuukuin 042
黒谷峠
この巡視路はうまい具合に、四十九院町と山中温泉の間にある山の稜線の上を四十九院隧道に向かって進んでいるようだったので、巡視路を進んで行けば黒谷峠に行けるはずだ。この稜線のどこを黒谷峠の峠道が越えていたのかはっきり知らなかったが、四十九院隧道の上あたりだろうと目星をつけた。しかし、小さな山域だから、一本の稜線が四十九院町と山中温泉を隔てているだけかと思ったが、一本の谷がこの山域の奥深く入り込んでおり、巡視路は意外に複雑なルートを通っていた。しかし、巡視路は基本的に尾根筋を進んでいた。237号鉄塔を過ぎると、尾根筋の先に大きく落ちくぼんでいるところが見えた。それが黒谷峠だった。規模はかなり大きい。稜線の切れ込みはそれほど深くないがU字の峠といっていいだろう。峠の幅は広く、かなり広い平坦地が出来ていた。また、両方から上がってきている旧い峠道も幅があったから、昔はかなり使われた峠だったようだ。

shijuukuin 046
山中温泉に降りて行く峠道
峠の両側にははっきりした道の跡が残っていた。四十九院町のほうに降りて行く道跡を少し降りて行くと、旧道の舗装路面が見えて来たのので、四十九院隧道の上を黒谷峠が越えていたことがはっきりした。山中温泉のほうにも軽トラックが一台くらいは通れそうな幅の道跡があったので、そこを降りて行くことにした。しかし、巡視路も山中温泉側のほうに降りて行っていたから、その道をたどれば、もっと旧い時代の峠道にぶつかったようだ。この後行った四十九院隧道の山中温泉口の上を見たところ、まっすぐに降りてくる旧い峠道の跡があった。四十九院隧道が出来たのは明治33年だというから、その直前までこの幅広の峠道が使われていたのだろう。

shijuukuin 063 
四十九院隧道山中温泉口
幅広の峠道は四十九院隧道の山中温泉口のすぐ近くの旧道に出てきた。そこには倉庫のような建物があり、カーブを曲がるとすぐにトンネルが見えた。

shijuukuin 064 
山中温泉口にあった石仏
四十九院隧道の山中温泉口の脇に二体の石仏が祀られていたが、これは黒谷峠にあったものだろう。

shijuukuin 067
四十九院隧道の四十九院口
このトンネルは心霊スポットに選ばれているらしいのだが、距離は短いので、中はそれほど暗くなく、あっさりトンネルを抜けてしまった。反対側の四十九院口に出ると、トンネルの上に黒谷峠らしい稜線の切れ込みが見えた。舗装された旧道を通って車を置いた場所に戻った。

shijuukuin 084
搭尾登山道入口の案内板
黒谷峠から車に戻ったのが2時少し前。無理すれば鞍掛山に登って降りて来れる時間だ。今年は天候が不順なので、もうこの後いつ山に登れるか解からない。ちょっと忙しいが搭尾登山口から鞍掛山に登ることにした。案内板から砂利道を10分ほど入ったところに登山口があった。案内板をみると、そこから二つの登山道が山頂まで伸びており、周回できるようなので、加賀とのお新道を登り、搭尾登山道を降りてくることにした。

shijuukuin 105
後山頂上
案内板には加賀とのお新道を使うと頂上まで1時間半と書かれてあった。鞍掛山の登山コースとしてはロングコースだ。最初は沢沿いの道を歩く、長靴を履いてきたので、濡れることは厭わない。このコースは一部は巡視路を使っているようで、途中鉄塔を通る。そこからは尾根筋にできた道で、かなりアップダウンがある。後山に登って行く最後の登りはかなり急勾配できつかった。このコースが1時間半も掛かるのが納得できた。

shijuukuin 110
鞍掛山頂上
後山から10分ほどで山頂に着いた。少し急いだので、登山口から1時間10分ほどで着いた。時計は3時を廻っていた。人気の山だが、もうこの時間帯では誰もいなかった。暗くなるのは嫌なので、5分ほど頂上にいて下山に掛かる。予定通り、搭尾登山道を降りることにした。このコースを歩くのも始めてだ。

kujuukuin 117
搭尾コースと鶴ヶ滝コース分岐
搭尾登山道は途中まで鶴ヶ滝登山道と同じコースを降りるようになっていたが、かなり降りて来てもその分岐がない。途中鶴ヶ滝の標識はあったが搭尾登山道の標識は見当たらなかった。案内板の地図ではすぐに鶴ヶ滝コースと別れるように描かれてあったので、分岐を見落としたのではないかと不安になってきた。最悪、鶴ヶ滝コースを下まで降り、そこからぐるっと山裾を廻って搭尾登山口に戻って来ることを覚悟したが、頂上から20分ほど降りたところにようやく分岐の標識が見つかりホッと胸をなでおろす。

kujuukuin 120
搭尾登山道入口
鶴ヶ滝登山道との分岐から搭尾登山道入口まで降りて来るのは速かったが、そこからの林道歩きが長かった。30分弱林道を歩いてようやく車を置いた登山口に戻ってきた。時計を見たら、4時を10分ほど廻っていた。その直後から雨が落ち始めたから、超ラッキーだった。今日はちょっと忙しい登山となり、鞍掛山に登った時はじっくり周囲を見ている余裕はなかったが、四十九院町の裏山の巡視路はお勧めである。思ってもみない、気持ちのいい尾根歩きが堪能できた。

なお、この山行きは後日、U字倶楽部にアップする予定です。

今回歩いたルート地図
>>黒谷峠
>>鞍掛山

スポンサーサイト
.18 2012 峠歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/22-be838e5e

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR