越知山(木ノ実谷コース)

越知山・木ノ実谷登山道を歩く(2012.12.21)

越知山には何度も登っているが、まだ歩いたことのない木ノ実谷コースが前々から気になっていた。ネットで調べてもこのコースを歩いたという記録を見たことがない。このコースは経験者向きと案内板に書かれていたので、それなりに大変なコースだとは思ったが、実際歩いてみると予想以上に難コースだった。

PC210001.jpg 
木の芽(実)谷登山口
木ノ実谷登山口へは小川コース(行者道)登り口の横の車道を更に奥に入って行く。小川集落を過ぎ、少し行くと木ノ実谷登山口の標識があった。これまでの標識ではすべて木ノ実谷と表示されていたが、ここにあった新しい標識では木ノ芽(実)谷登山口となっていた。また、このコースは旧い峠道を使っており、小川コースに合流する地点は木ノ実峠と呼ばれていることが解った。
PC210012.jpg
沢沿いに続く登山道
登山道は最初から悪路な上に、薮っぽい。最初は段々になったところを歩く、段々になったところに今は杉が植えられているが元は水田だったようだ。いわゆる棚田だ。道らしい道はなく、田んぼと田んぼの段差を登るのに一苦労する。棚田だったところを過ぎると、沢沿いの道となるがところどころ、道が崩れており、とぎれとぎれだ。

PC210019.jpg
沢沿いに続く踏み跡をたどる
道はないも同然だが、何ヶ所か登山道の標識があったので、迷わずに済んだ。基本的にこのコースは沢を詰めて行けば良いことが解ったが、沢沿いの斜面に出来たトラバース道が何ヶ所も崩れていたので、沢沿いの道は歩きにくく、一段上の斜面に迂回せざるを得ないところが多かった。

PC210020.jpg
お題目岩
コースの中間点あたりに「南無妙法蓮華経」と書かれたお題目岩があった。そこには真新しい案内板があり、それを読むと、この登山道は江戸時代には越知山の参詣道としてかなり賑わったそうだ。

PC210022.jpg
お題目岩
肉眼では大岩に南無妙法蓮華経と刻まれた文字が何とか読めるのだが、写真にはなかなかうまく写らない。

PC210032.jpg
沢を抜けたあたりの道
沢がなくなると、杉林の中の急登となった。ここからは何となく道らしきものが解るようになったが、傾斜が急でなおかつ下が濡れていたので滑って、登って行くのは容易ではなかった。

PC210034.jpg
木ノ実峠
上にようやく尾根が見えてきた。この尾根筋に行者道(小川コース)がある。登山道標識に木ノ実峠と書かれていたように、下から見ると峠だったことがよく解る。

PC210046.jpg
木ノ実峠(行者道出合)
峠付近も急斜面で、道跡らしき踏み跡はあったが滑りやすく、最後まで木の枝や草を頼りに登って行くしかなかった。それでも1時間でこの地点まで登ってくることが出来た。

PC210055.jpg
独鈷水近くの休憩舎
この日はお昼前の出発だったし、木ノ実谷登山道に来るのに道に迷ったので、もうほとんど時間が残されていなかったが、少し行者道を登り、独鈷水のところまでやってきた。ここで少し休憩し元来た道を戻った。登山口に戻ったのはまだ4時だというのに、途中の杉林の中の登山道はかなり暗くなっていた。後で今日は冬至だったことを思い出した。

なお、今回の詳しい山行記録は後日U字倶楽部にアップする予定です。




スポンサーサイト
.22 2012 峠歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/23-0636930d

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR