文殊山から橋立山

正月登山、文殊山から橋立山縦走(2013.1.1)

元日から山に出かける。文殊山には正月登山でたくさんの人が登るようだから、文殊山にする。

P1010004.jpg
文殊山全景(@二上登山口手前)
朝方雪が降っていたが、昼前から雪も上がり、まずまずのコンディション。二上登山口近くに来たが雪は意外に少ない。私が住む坂井平野より、こちらのほうが雪が少ないかもしれない。今年は下雪の傾向があるようだ。

>>今回歩いたルート


P1010007.jpg
二上登山口からすぐの分岐
元日に文殊山に登るのは初めて。駐車場に来ると、ほぼ満杯状態。30台くらいはあっただろう。二上登山口から少し歩いたところにある分岐に来る。左に登って行くのが二上登山道だが右のほうにも足跡がある。前々から気になっていたので、そちらの道を歩いてみることにした。

P1010019.jpg
半田コースと二上コース分岐
この道脇には半田コースと書かれた標識があった。最近整備されたようだ。30分ほどで二上コースの広い道に合流した。二上コースにはたくさんの足跡があり、広い道が出来ていた。歩いている途中にもたくさんの人とすれ違った。

P1010031.jpg
文殊山山頂から福井平野を望む
文殊山山頂にあるお堂が開いており、住職がおられた。住職に橋立山の道の状況を聞く。お参りしたら、鈴が入った蛇の置物を頂いた。

P1010046.jpg
橋立山山頂の三角点
文殊山山頂から橋立山に向かう。こちらのコースにも足跡があり、その後を歩かせてもらう。建て替え中の奥の院から先にも足跡があったが橋立山から少し下った先から足跡はなくなっていた。

P1010061.jpg  
橋立山からここに降りてきた
酒清水に車を一台回しておいたのだが、道が解らず変な場所に出てきてしまった。

P1010001.jpg
酒清水登山口
車道を歩き、酒清水登山口に戻る。湧水のところから左に入って行く道が登山道だが、道を確認するために途中まで登ってみることにした。最初は崖のような急登だったが、すぐにいい道が現れた。途中鉄塔があったから、この道は巡視路を使っているようだ。2つ目の鉄塔を過ぎると普通の山道のようだが、薮はなく楽に歩ける。橋立山のすぐ手前まで行ったが先ほど歩いたルートにはぶつからず、日没が迫って来たので途中で引き返した。どうも橋立山から下りてくる途中で別の尾根筋に入ってしまったようだ。

なお、この詳しい山行記録は後日U字倶楽部にアップする予定です。




スポンサーサイト
.02 2013 里山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/25-fd0e89dd

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR