小野千坊と巡視路歩き

小野千坊と巡視路歩き(2013.1.20)

P1200011.jpg 
小野千坊跡はここか?
天気がもちそうなので山に行く。ここ連日、雪がぱらついていたが積雪はそれほどでもないので、豊原あたりの山なら歩けるだろうと、先日確認できなかった小野千坊跡の位置を特定しようと出掛けることにした。時間があったら、豊原裏尾根からさらに竹田川渓谷まで続いている巡視路も歩いてみるつもりだ。

>>今回歩いたルート地図

P1200001.jpg 
閻魔橋
前回、豊原のほうから赤峠に廻り、そこから小野千坊に抜けていたと思われる旧い峠道を歩いて、小野千坊跡があったと思われる辺りを探索したが、今日は竹田川渓谷の途中にある閻魔橋近くから南の斜面に上がって行く林道からアプローチすることにした。竹田川渓谷沿いの県道を竹田のほうに走ると、中間点あたりにある橋が閻魔橋だ。そのたもとに車を置けるスペースがあったので、そこに車を置かせてもらって、歩くことにした。

P1200003.jpg 
竹田川渓谷沿いの県道から林道へ
閻魔橋から県道を竹田のほうに200mほど進むと、山の斜面にへばりつくように上がって行く林道がある。この林道を上がって行ったところに小野千坊跡があるそうなので、ここを上がって行った。

P1200005.jpg 
谷筋を通る林道
林道は最初山の斜面にへばりつくように続いていたが、その内かなり広い谷筋に出ると、そこからは谷筋を登って行くようになった。

P1200011.jpg 
小野千坊跡??
この林道を上って行くと、途中に平坦になった場所があり、そこが小野千坊跡なのだそうである。そこには何の看板もないそうなので、そのような場所がないか見落とさないように注意しながら林道を上がって行ったが、それらしい場所がない。ただ一ヶ所広い空き地があったが資材置き場か何かのために近年になって造成したものであることは明らかだった。林道の途中にかなり雪が深いところもあったが深いところでも40cmほどで、それほど苦もなく40分ほどで上記地点にやってきた。この場所は先日豊原のほうから来たときにも、ここが小野千坊跡ではないかと目を付けておいた場所だ。林道の途中にそれらしい場所がなかったから、ここが小野千坊跡で間違いないと思われる。なお、ネットで調べたらやはり、この場所の写真が載っており、そこを小野千坊跡と紹介していたので、間違いはないようだ。このあたりの土地を掘ると、瓦の破片が出たようである。また、この辺に昔は水田もあったそうだが、後で奥のほうを探索したら、それらしいところも見つかった。

小野千坊の読み方について
なお、小野千坊の小野は【この】と呼ぶのが正しいようだ。どうも福井(詳しく言えば昔の越前国)では(小)のつく地名や名前のときは【こ】と呼び、(大)の付く地名や名前のときは【お】と呼ぶ傾向にあったようだ。例えば、火燈山の後ろに聳える小倉谷山(おぐらだにやま)は本来は大倉谷山と書くのが正しいのではないかとされる。なぜなら、近くに地元の人が「コクラタン」と呼ぶ別の場所があるからだ(なお、谷をタンと呼ぶ呼び方は全国的にかなり広がっている)。コクラタンが小倉谷であり、オグラタンは大倉谷と書くべきだと言うのである。ちなみに、お笑いコンビの「おぎやはぎ」の小木さんは福井県出身だそうだが、福井では【こぎ】さんと呼ばれていたそうだ。東京に出てみんなから【おぎ】さんと呼ばれるので、【おぎ】さんに変えてしまったそうである。もうひとつ付け加えれば私の祖母なんかも、大阪帰りなので「大阪」とのあざな(屋号)の付いた家のことを【おざか】と呼んでいたのを思い出す。

P1200022.jpg
 
裏に廻ったところにあった平坦地


P1200020.jpg 
水田跡??
小野千坊跡と思われるところの裏に廻ってみると上記のような広い平坦地や水田跡のようなところがあった。

P1200024.jpg 
巡視路標識
小野千坊の探索を終えたがまだ時間があったので、巡視路を歩くことにした。先ほど林道を歩いて来た時、途中に上記のような標識があったから、そこから巡視路に取り付くことにした。標識には「東金津新福井線No.16」と書かれてあった。

P1200025.jpg 
作業道行き止まり
巡視路に入ったが、このあたりも林道開発が進んでおり、新しい作業道が縦横無尽に走っている。本来は右のほうに上がって行く道が巡視路のようだが、鉄塔のほうに進んでいる作業道があり、そちらのほうが近道みたいなので、そちらに進んで行った。そうしたら、作業道は行き止まりになってしまった。しかし、谷沿いの斜面をよじ登り、尾根に出たら、立派な巡視路にぶつかった。

P1200026.jpg 
巡視路の様子
巡視路を下ったところに鉄塔が見えたので、そちらに進んで行ったら、16号鉄塔に到達した。

P1200030.jpg 
16号鉄塔
16号鉄塔からも下に降りて行く道があったが、まだ時間があったので、いま下って来た巡視路を逆に登ってみることにした。そうしたら、すぐに小さなピークがあり、そこから尾根沿いに北のほうに向かう道があったので、その道を歩いてみることにした。

P1200036.jpg 
尾根道(巡視路)
尾根道には掘れたところがあり、昔から使われていた道だと思われたが、途中掘れた道と比較的新しそうな道が並行して走っているところもあったから、これも巡視路ではないかと思われた。薮がまったくなかったから、巡視路として定期的に整備されているのだろう。

P1200038.jpg 
15号鉄塔
杉林の中を抜けると前に次に行く鉄塔(15号鉄塔)が見えてきた。雪が増えてきたがこの辺ではまだ50cmくらいだったから、それほど苦にならない。予定通り、巡視路を歩いて竹田川渓谷まで降りて行くことにした。

P1200043.jpg 
14号鉄塔手前の細尾根
15号から14号鉄塔に至る途中には、上記写真のような細尾根を通るところがあり、なかなか変化に富んだ良いトレッキングコースだ。また、切り開きとなっているため、展望がよく、坂井平野から日本海まで見通せた。

P1200041.jpg 
坂井平野の眺め
展望を楽しみながら、歩いていたら、14号鉄塔の手前に来て急に雪が深くなった。膝下ぐらいまでだった雪が急に股下までの深さになった。足が何度も雪にはまり込み、その都度引き抜くのに苦労した。このあたりでは14号鉄塔のあたりが一番標高が高く、また広い切り開きとなっているから雪がたまりやすいようだ。積雪は1mではきかなかっただろう。ワカンを持って来ていればと、悔やんだが、これだけ雪が深いとあっても一緒だったかもしれない。

P1200046.jpg 
雪で四苦八苦した14号鉄塔あたり
上記写真のあたりが一番雪が多かった。雪が深く、どこを巡視路が通っているのかも解らなくなってしまった。もがきながら何とかここを通過し、雪の少ないだろう右の林の中に入った。この時点で4時を廻っていた。ここから下に降りるまでにまだ2基の鉄塔が見えており、そこを降りて行けば竹田川渓谷沿いに出られるはずだが、この雪の状態ではどれだけ時間が掛かるか解らなかった。明るいうちに下に降りられるか心配になってきた。かと言って、来た道を戻ればもっと時間が掛かる。ここからは下りだから、それほど時間が掛からないだろうと、このまま進み、竹田川渓谷まで降りて行くことに決めた。

P1200047.jpg 
13号鉄塔
林の中は雪が少なく、歩きやすかったが13号鉄塔の近くに来るとまた広い切り開きとなっており、雪が増えてきた。このあたりでは傾斜も緩やかだったから、歩くスピードも上がらなかった。

P1200050.jpg 
12号鉄塔に降りて行く巡視路
しかし、13号鉄塔まで来ると、12号鉄塔に降りて行く巡視路が雪の上からもはっきり解ったので一安心した。かなり急斜面なのだが、深い雪の中ではある程度傾斜があったほうが良い。足を前に投げ出せば自然と前に進むからだ。体力的にも楽になってきた。

P1200052.jpg 
12号鉄塔
12号鉄塔までは楽に降りて来られた。次の鉄塔は対岸の斜面に見えたから、もう鉄塔はなく、ここを降りて行けば竹田川渓谷まで降りて行けることがはっきりしたので、少し休憩をとることにした。水分補給し、持ってきたチョコレートをほおばり、さて降りて行こうかと立ちあがったが、大きな落とし穴が待っていた。降りて行く巡視路の入口が見当たらないのだ。鉄塔の周りを確認したがそれらしい道はない。13号から12号鉄塔に降りてくる途中のどこかで、下に降りて行く道が分岐していたのかもしれない。しかし、登り返すにはかなりの体力と時間を費やす。このまままっすぐ渓谷に降りて行くしかない。意を決して薮の中に入って行った。そこは最初から急斜面で、歩きづらい。それでもしばらくは直線的に降りて行けたが、そのうち崖のような急斜面となり、直線的に降りて行くのが困難になってきた。なんどか足を滑らせ、何mか下にずり落ちたし、前のめりに顔から雪の中に落ちた。このまま直線的に降りて行くのは危険なようだ。それに、このまま降りて行ったとしても渓谷沿いの県道ののり面は崖になっており、下まで降りられるかどうかも解らない。出来れば上がってきたときに歩いた林道に降りたい。そのほうがのり面が低いから安心だ。それで急斜面を、蟹の横這いのように、左に左に進んで行くことにした。崖のようなところは雑木林だったが、しばらく進んで行くと、杉の植林となったところが見えてきた。植林してあるんだから、人間が歩けるのだろうと、そちらのほうに進んだら、細尾根が見えてきた。尾根に取り付いたら、斜面は緩くなり、楽に歩けるようになった。快調に進んで行ったら、下に道が見えてきた。最後は崖崩れ防止のネットの上に出たが、尾根を巻いて進んで行く踏み跡があったので、その跡を降りて行ったら、先ほど歩いた林道に降りてきた。


P1200053.jpg 
ここに降りて来た
降りてきた場所から県道までは200mほどしかなかった。時計を見たら5時ちょうど。明るいうちに降りて来られたから、超ラッキーだった。ズボンも、手袋も、長靴の中もぐしょ濡れだった。久々に探検した気分になった。


P1200058.jpg 
県道から、降りてきた尾根を見上げる
県道を歩き車を置いた場所に戻る途中に、いま降りてきた細尾根が見えた。この尾根を見つけられなかったら、どうなっていただろう。5mや10mくらいは滑落していたかもしれない。そうなれば擦り傷くらいは負っていただろう。体は冷え切っていた。特に今日は軍手しか持ってきていなかったから、手が冷たくなって、感覚が希薄になっていた。子供のころ、雪の中を転げ回り、手がかじかんだ記憶が戻って来た。今日ほど雪の中でもがいたのは久しぶりだ。帰りに、丸岡にある「霞の郷温泉」により、冷え切った体を温め、帰路に就いた。

>>今回歩いたルート地図


スポンサーサイト
.21 2013 里山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/29-57e3d3e7

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR