三国町覚善周辺の里道跡を歩く

三国町覚善周辺の里道跡を歩く(2013.3.4)

確定申告の提出に三国まで行く。最近、こういうことでもないと、三国に来ることがなくなったので、ついでに前々から気になっていた薬師道を歩くことにした。薬師道については覚善辺りを通っていた古道だという知識しかなく。その名前から、近くにあるお薬師さんに参詣する時に使った道だろうくらいに思っていたので、違ったところを歩いてしまったが、ラッキーなことにそれとは別の深く掘れた立派な里道の跡を見つけることが出来た。

P3040007.jpg 
三国町覚善から上がって行く古道跡
余りにも深く掘れた立派な道なので、これが薬師道だろうと思ったが、そうではなく、この道は三国から来た薬師道が覚善で分かれて、西谷集落に至る里道だったようだが、それにしても立派な道が残っていたものである。

>>今回歩いたルート

P3040030.jpg 
墓地の上に古道の跡が
覚善交差点から三国運動公園のほうに上がって行く坂道を少し登って行くと、右に入って行く道がある。その分岐あたりに墓地があるが、その裏山に何やら道跡のようなものが見える。かなり薮っぽいので、裏に回ってみる。

P3040014.jpg 
ここを左に入ったところに古道跡が顔を出していた

墓地前の舗装された坂道を上がって行くと、右側に広い畑のような空き地があり、先ほどの道はこの辺りに出てきているはずなので、探索してみるとそれらしい入口があった。

P3040002.jpg 
古道入口
古道の入口と思われる辺りには杭があり、そこら辺の木々を集めてバリケードのようにしてある。如何にも「入るな」と警告しているようだ。そこからは入れそうにないので、横の畑を歩き、古道に近づけそうな場所を探す。

P3040003.jpg 
深く掘れた古道が顔を出す
薮の中を進んで行くと、掘れた道が現れた。かなり深く掘れた道だ。これが里道だとは思われない、何か由緒ある道に見えたが後で調べたら、村と村をつなぐ里道だった。

P3040005.jpg 
古道の様子
この辺りは山(丘)の先端部分で、道はかなりな急斜面を下っているが、道は深く掘れており、かなり使われた道だったようだ。

P3040008.jpg 
すぐに薮に突入
掘れた道は長くは続かず、すぐに薮に突入すると、先ほどの墓地のところに出てきた。

P3040009.jpg 
墓地に出る
古道は墓地のところで切れている。新しい道や墓地の造成のために山の斜面は大きく削られ、古い道はここで途切れてしまったようだ。

P3040001.jpg 
御成山(岳山/嵩山/二等三角点:熊野堂)
古道の入口に戻り、道の先を見るとこんもり盛りあがった小さな山が見えた。その時は度忘れしてしまっていたが、ここには二等三角点:熊野堂があったのだった。帰って調べてみると、この山の名前がはっきりしない。この山には中世に城が築かれたことがあるそうで、御成山城跡として、福井県の埋蔵文化財に指定されている。だから、御成山で良いんだと思ったら、他にも色んな名前が出てきた。まずは岳山という名前。これは熊谷太三郎著『郷土の山々』という本に出てくる名前だが、「だけやま」という読みから、「岳山」としてしまったのではないかと思われる。本来は麓の集落名「嵩(だけ)」という字を使って「嵩山」とすべきだったのではないかと思われるが、確証はない。また、なんでも福井の二等三角点の全てをクリアした人がいて、その方が書いた本には南向山となっているそうだが、その山の名前は前出の『郷土の山々』にも載っているが標高が違うので間違いだろうと思う。ここでは御成山としておく。

P3040015.jpg 
御成山に向かう道
その御成山のほうにまっすぐ道が続いていたので、その道を進んでみた。

P3040018.jpg 
道は御成山にぶつかる
道はまっすぐ進み、御成山にぶつかった。そこから、御成山に登って行く道がなかったので、左に廻り込むと、写真に写っているアンテナ鉄塔に取り付く道があったので、そこを登ってみた。

P3040019.jpg 
御成山のアンテナ鉄塔
すると案の定アンテナ鉄塔が建つところに出た。アンテナのところから更に奥にも道が続いていたが、薮がひどいので敬遠する。

P3040026.jpg 
アンテナのところからさらに続く道跡
今日は山登りの恰好はしておらず、ズボンを汚すのが嫌だったので、元の道に戻り、麓の嵩集落のほうに廻ってみた。

P3040023.jpg 
嵩集落から御成山に入って行く道の入口
嵩集落のほうにやってくると、こちらのほうからも山に入って行く道があった。

P3040024.jpg 
嵩集落から御成山に入って行く掘れた道
そこにも掘れた立派な道があった。入口あたりはそれほどひどい藪ではなかったので、歩いてみることにした。掘れた道はすぐになくなったが、山をぐるりと回り、先ほどあったアンテナのほうに進んでいるようだ。

P3040025.jpg 
古道の途中から見た景色
途中から薮が少し濃くなってきたが、かなり奥まで進んできてしまったので、最後まで歩くことにした。

P3040020.jpg 
古道の様子
道は山の中腹を一回りし、アンテナのところに戻って来た。帰って調べてみたら、この道は明治中期頃に造られた『迅速測図』に載っており、三国と嵩を結ぶ里道だったようだ。先ほど墓地のほうにあった道は別の里道で、やはり三国から西谷集落に向かう里道だった。残念ながら、今日歩いたのは薬師道ではなかったが、昔の里道がこんなにはっきり残っているのには感心した。なお、薬師道というから、お薬師さんに至る道かと思ったら、そうではなく、三国から吉崎に行く道のことをそう呼んでいたそうだ。はっきりしたルートを調べていないが薬師道は北潟湖の北岸を通り、吉崎に至っていたようだ。途中、山の景色がよかったので写真に収めた。

P3040027.jpg 
白山(@御成山付近)

P3040027-001.jpg   
富士写ヶ岳(@御成山付近)

P3040027-002.jpg 
火燈山・小倉谷山(@御成山付近)

P3040027-003.jpg  
丈競山・浄法寺山

P3040036.jpg 
東尋坊と雄島
余りにも天気がよかったので、東尋坊にも行ってみた。ホント久々だ。

P3040034.jpg 
雄島
雄島の橋の赤が余りにも綺麗だったので、撮ってみたが赤が肉眼ほどにははっきりしない。欄干を塗り替えたようだ。三国の街中は閑散としていたが、東尋坊前にずらっと並ぶ、お土産屋さんは活気があって、賑わっていた。


>>今回歩いたルート

スポンサーサイト
.05 2013 里山歩き comment2 trackback0

comment

みさご
初めまして。
懐かしい風景に思わずコメントしてしまいました。

ここ「御成山」は僕が小学生の頃遊びまわった場所ですね。
当時は山(丘?)をぐるりとまわって登る道だったので、かたつむりにちなんで「でんでん山」などと呼んでいたのを思い出します。

今となっては近づく事も少ないですが、そんないわれがあったとはとても興味深いエントリでした。
またお邪魔させていただきます。
2013.03.10 23:35
ジーアイシュー(管理人)
はじめまして、コメントありがとうございます。

やはり、「御成山」で良かったようですね。情報ありがとうございました。地図に名前の載っていない山や峠の名称を明らかにするのは思った以上に難しい作業ですので、助かります。三角点があっても、三角点の名称はその山の名前とは限りませんし、意外に間違いも多いので余り参考になりません。ちなみに、「御成山」の三角点名は「熊野堂」です。

そうでしたか、「御成山」の中腹をぐるっと廻っている、あの里道は子供にとって格好の遊び場だったのですね。もう、その頃から薮道だったのでしょうね。

明治32年製の『迅速側図(近代的三角測量によるもではありませんが、それまでの絵地図とは違ってある程度正確です)』によると、嵩集落には道路が東西に一本、南北に一本描かれています。南北に描かれている道は集落の中央を縦断しており、今の道のルートとほぼ同じだと思われますが、集落を出て南に行くと「御成山」をぐるっと半周するように進み、三国町運動公園の東端あたりを通り、滝谷寺の近くに出ています。嵩集落にはそのほかに道は描かれていません。迅速側図はある程度フリーハンドの部分があり、今の地図と直接重ね合わせることができませんので、断定はできませんが、「御成山」の中腹をぐるっと廻っている薮道が、三国と嵩集落を最短で結ぶ道だったのではないかと思われます。

三国町覚善周辺の古道ルートは下記参照:
http://giwonderworld.web.fc2.com/2013/kakuzenkodou_denshikokudo.htm

また何か気が付かれたことがありましたら、コメントいただけるとありがたいです。

2013.03.11 23:07

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/37-b37de6e8

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR