加賀海岸砂防林を歩く

加賀海岸砂防林(自然休養林)を歩く(2013.7.26)


P7260023.jpg 
砂防林(自然休養林)入口の案内板
山に出かけようと思ったが、今日はかなり暑くなりそうだし、時間も遅いので、加賀大聖寺の深田久弥・山の文化館に行こうと大聖寺に向かった。吉崎を過ぎ、石川県に入り、大聖寺手前の国道305号線を走っていたら、左手に砂防林が見えてきた。以前ここをジョギングコースに使っていたことを思い出し、行ってみることに。三木町の交差点を左折。橋を渡り、道がぶつかった所を右折したすぐのところにその砂防林の入口がある。

今回歩いたルート地図はこちら

P7260001.jpg 
駐車場
砂防林入口から松林の中を3分ほど車で走ると、広い駐車場があり、4,5台車が停まっていた。


P7260003.jpg 
駐車場からすぐのところにある分岐
駐車場から少し歩くと、道が交差した所に出る。以前ジョギングしていた時はここを直進したが、右を見たら、チップ(木くず)が敷かれた道があったので、そちらを歩くことに。

P7260005.jpg 
チップが敷き詰められた歩道
チップが敷かれたのは最近のようで、歩いていると木の香が漂ってくる。


P7260008.jpg
直線的な道へ
チップが敷き詰められた歩道は曲がりくねっていたが、その内チップの道がなくなり、直線的な道に出る。

P7260009.jpg 
案内板
この直線的な道が以前ジョギングに使っていたコースのように思ったが、途中にあった案内板を見てみたら、別の道で歩道となっていた。私が以前使っていたコースはもっと海側で、この案内図でサイクリングコースとなっている道だったようだ。

P7260010.jpg 
歩道の様子
歩道は進むとともに細くなり、周りの松林も低くなってきた。後ろから直射日光が当たって暑い。しかし、まっすぐな道が一本続いているだけで、迂回路がない。

P7260011.jpg 
遊歩道の様子
まっすぐな道がずっと続いている。それに起伏もだいぶある。暑くて汗が噴き出す。

P7260013.jpg 
サイクリングコースに出る
暑さでぶっ倒れるかと思ったが、その内比較的背の高い木が生えた雑木林の中に入ると、涼しくなってきた。なぜかこの辺だけは松林ではなく、雑木林だった。そこを過ぎると、よく見慣れたサイクリングコースに出た。ここを更に北に進んで行けば片野海水浴場に行けるが、今日はここでサイクリングコースに入り、引き返すことにした。

P7260016.jpg 
砂防林の歴史が書かれた説明板
途中に、砂防林の歴史が書かれた説明板があった。それによれば、この辺りは江戸時代まで砂丘だったため、付近の田畑や居住地に砂の害がひどく、明治になって国家事業として、砂防林を築く事業がスタート。その甲斐あって今のような鬱蒼とした林となったそうだ。

P7260017.jpg 
海の見える東屋(休憩舎)
サイクリングコースはずっと松林の中だったが、日本海が見える場所に出てきた。ここには東屋があり、休憩していたら、涼しい海風が吹き、それまでの暑さが吹き飛んだ。

P7260019.jpg 
日本海の眺め
もう海水浴の季節だと思うのだが海岸には誰もいなかった。

P7260020.jpg 
駐車場分岐
サイクリングロードはすべて舗装されている。この砂防林は広大で、10kmほどの距離があり、以前は迷いそうになったこともあったが、今は要所要所に案内図があり、その心配はいらないようだ。駐車場分岐までやって来た。ここを左折すれば先ほど車を停めた場所に戻れるが、ここを右折すれば海に出られることを思い出し行ってみることに。

P7260022.jpg 
海岸線に出られる
砂の道をしばらく行けばすぐに海が見られる場所に出てきた。その後もしばらく砂防林の中をうろつき、結局2時間ほどで車のところに戻った。炎天下の中、いい汗をかいた。

今回歩いたルート地図はこちら

スポンサーサイト
.27 2013 ウォーキング comment3 trackback0

comment

せともの
片野は高校時代にキャンプにいった場所ですから、思い出深いです、私もこの海岸べりを歩こうと2年ほど前10万分の1地図だけで立ち寄ってみましたが、結局案内板が見あたらずに諦めたことがありました、
ここの良さは 「何もない海岸線」 でしょうか、いまどきは貴重品といっていいでしょう、何もしないことがこれほど困難な時代ですから、こんなコメントを書くことが1番よくないような気もしますが

片野の国民宿舎は手持ちのマップルでは 「加賀吉水片野荘」 となっていますが、京都の 「吉水旅館」 の関係でしょうか、それなら さもありなん でしょう
2013.08.15 23:34
ジーアイシュー
せとものさんへ

書き込みありがとうございます。私もここへは5,6年ぶりで行きましたが、昔と殆ど変っていませんでした。ただ、いくらか新しい遊歩道が出来ていたのと、海岸沿いに新しい休憩舎が出来上がっていたくらいです。せとものさんがおっしゃる通り、細長い砂浜が続く海岸線には何もなく、海水浴の季節だと言うのに、誰もいませんでした。

国民宿舎片野荘ですが、詳しいことは知りませんが、おっしゃる通り、旧国民宿舎片野荘が加賀吉水片野荘となって平成16年7月より営業を開始したそうです。ネットで調べてみましたら、やはり京都円山公園にある「お宿吉水」が運営しているようです。福井県内の国民宿舎も最近採算が採れないのか売却されたり、民間委託になったりで、経営者が変わっているものが多いですね。

この海岸べりから松林越しに見る白山が気にいっているのですが、残念ながらこの日は遠くが霞んで、白山は見えず仕舞でした。

2013.08.16 10:34
せともの
言葉足らずかもしれません、補足を

吉水は銀座に宿を出したとき、マスコミに華々しく紹介されました、 「何もない宿」 ということで、PCはもちろん、TV、ラジオ、電話、新聞がない、多分オーナーは何もないのが最高のサービスと考える客が来てくれればいいと考えたのでしょう、いままでのサービスの概念を根底から覆したと私は感じ、少し感動しました

そのオーナーが片野の海岸をみて 「何もないのがいい」 とおもったのでしょう

2013.08.17 22:15

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/45-957cea21

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR