鷹取山(山崎三ヶ登山口より)

山崎三ヶから鷹取山へ(2014.1.29)

P1290023.jpg
鷹取山山頂

北陸地方は今年は雪が少ないようだ。私の住む福井県北部地方の平野部ではまったく雪がなく、春の陽気だ。ここ数日良い天気が続いているので、山に行きたくなった。近場で、手っ取り早く登って降りてこれる鷹取山に登ることにした。この山なら、雪が少し多くて時間が掛かったとしても、2時間位で登れるだろうと出かけることにした。

>>前回の山行記録
>>今回歩いたルートマップ

P1290001.jpg
橋の上に車を置く
この山の正規の登山口は大森にあるのだが、駐車するところがないので、山崎三ヶから登ることにした。このルートで登るのは2度目だ。例によって、山崎三ヶにある有機肥料プラントのところから林道に入る。林道入口にゲートがあるが進入禁止ではないので、柵を開けて車で中に入り、前回同様、小さな橋の上に車を置かせてもらって歩くことに。

P1290005.jpg
小さな鉄製の橋
正規の登山ルートはそのまま林道を進むのだが、今回は橋を渡ってゴルフ場脇の道を歩くことにした。このルートだと道なりにまっすぐ進んでいけばいい。10分ほど歩くと小さな鉄製の橋がある。橋を渡ったところから、登りとなる。

P1290008.jpg
49号鉄塔
この登山道は鉄塔巡視路を使っているので、かなり急登のところもあるが道はしっかりしている。雪もまったく気にならない。橋のところから15分ほどの登りで、鉄塔に着いた。北陸電力の越前線49号鉄塔だ。

P1290011.jpg
林道出合
途中大森からの登山道に合流すると、しばらくで林道に出る。登山道は林道を横切り続いている。

P1290013.jpg
深く掘れた古道
途中深く掘れた古道を歩くところがある。雪が多いと、吹き溜まりとなり非常に歩きにくいのだが、ここでもそれほどの積雪ではなく、楽に歩ける。

P1290018.jpg
お地蔵さんから鷹取山を望む
深く掘れた古道から尾根に出ると頂上はすぐだ。頂上直下は階段となっており、雪が多いと歩きづらいのだが、ここも難なく登りきって頂上に到着した。

P1290023.jpg
鷹取山山頂
山頂も雪が少なく、三角点もベンチも完全に雪の上に出ていた。ここまで、まだらまだらに雪が多く、歩きづらいところがあったものの、1時間15分で登ってこれたから、無積雪期とほとんど変わらないタイムだ。

P1290020.jpg
山頂から坂井平野を望む
山頂からは坂井平野の眺めが最高だ。坂井平野に雪はまったく見えない。

P1290029.jpg
火燈山、小倉谷山、富士写ヶ岳を望む(@山頂裏の鉄塔下)
山頂裏の鉄塔に回ると、火燈山や富士写ヶ岳の展望がいい。ここから見る火燈山は裾野を大きく広げ、雄大だ。

P1290040.jpg
登山口の標識
この登山ルートには今まで殆ど標識がなかったが今回行ってみたら、要所要所に標識が出来ていた。特に、山崎三ヶの有機肥料プラントから林道を歩いたとき、登山口が解りづらいのだが、そこに上記のような標識が出来たので、迷うことはないだろう。山崎三ヶからまっすぐ林道を歩いてきた場合は、この標識のところで右折し山に入って行けばいい。

スポンサーサイト
.01 2014 山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/61-4fdb6004

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR