今年の初登りは日野山

今年の初登りは日野山(2015.1.14)

今年は天気が悪く、なかなか山に行くチャンスがなかったが、この日は久し振りに青空が広がったので、山に行くことにした。今年の初登りだ。

P1140002_201501142151388e2.jpg
登山者駐車場から日野山を望む

行き先は日野山。大晦日に行く予定だったが、行けなかったので、この山に登ることにした。日野山に登るのは一昨年の1月以来だ。今年は雪が多いが、この山は登る人が多く、積雪が多くても安心して登れる。

P1140001_201501142151368cc.jpg
登山者駐車場
駐車場にやってくると、案の定たくさんの車で駐車場は満杯。14、5台はあっただろう。今日は比較的朝早く出てきたのだが、私の住む坂井市から日野山は遠く、駐車場に着いたのは10時少し前。それでも一組だけ、今出発するところだった。もう私の後には誰も居ないだろうから、今日もしんがりのようだ。まあ、急ぐこともない。近くでバードウォッチングをしている人がおられたので、お話を伺うと、調査依頼があり仕事で日野山一帯の鳥類の棲息状況を調べているとのこと。時間もないので、何の調査なのか聞かなかったが、そのことは後で判明した。

P1140003.jpg
日野神社
日野神社にお参りしてから登山開始。お賽銭は山頂の奥宮であげるつもりだったので、ここではお参りだけ。

P1140004_20150114215140252.jpg 
ボーリング調査現場
猪柵のところにやってくると、なにやら作業をやっている。井戸掘りかと思ったが看板を見たら、北陸新幹線のトンネル工事のためのボーリング調査だった。この間、敦賀までの新幹線延伸が決まったばかりだと思ったら、早くも具体的に進みだしたようだ。これを見て、先ほどのバードウォッチングが何なのかピンと来た。環境アセスメントに違いない。

P1140007_20150114215141b12.jpg
登山道には立派なトレースが
地面が見えていたのは堰堤前まで、そこから先は完全な雪道だ。しかし、しっかりしたトレースが出来ており、夏道の登山と殆ど変わらない。ただ、今朝は放射冷却で冷えたので、雪が凍って滑りやすかった。ワカンは持ってきたが、トレース道だと歩きにくい。アイゼンがあればと思ったが、歩いているうちに雪は緩み、歩きやすくなった。

P1140009_2015011421515383a.jpg
室堂
1時間ほどで室堂に到着。ここで、5分ほど休み汗をぬぐう。汗かきの私は冬の登山は大変。汗対策をしておかないと体が冷えてしまう。今日は寒ければアウター代わりに合羽を着るつもりだったが、蒸れてしまうので、なるべく着たくない。結局着ず仕舞いだった。

P1140011.jpg 
室堂で1mの積雪
室堂の手前の登山道に水が流れているところがあり、雪が解けていたので、見てみたら、この辺りで既に1mの積雪となっている。頂上にどれだけの雪があるのか解らないが、私がこの山に登った中では最高の積雪となりそうだ。

P1140019.jpg
比丘尼転ばし
比丘尼転ばしでは綺麗な雪道が出来ていた。これはもうトレースと言うよりは綺麗に道を付けてくれたと言ったほうが良いだろう。最初に道をつけて頂いた方に感謝。

P1140022_2015011421515706c.jpg
日野神社奥宮の鳥居
頂上に着いてみると鳥居の頭が出ているだけ、2m以上の積雪があるのは明らかだ。鳥居の扁額に触れることなど滅多にないと思うので、記念にタッチした。

P1140029.jpg
山小屋
山小屋には老若男女、20名弱の先客がおられた。登ってくるときに2、3人の下山者にお会いしたから、やはり今日は20人以上の人が登ったようだ。常連の方が多く、旧交を温めておられた。

P1140059.jpg 
雪に埋もれた山小屋


P1140030.jpg
山小屋入口の雪の壁
山小屋の入口前には雪の壁が出来ていた。カップラーメンをすすり、コーヒーを飲み、一休みしてから、山頂を一回りしてくることに。

P1140039.jpg 
奥宮横の展望台のポール
日野神社奥宮横の展望台のポールは2m40cmを指していた。奥宮の賽銭箱は雪の下。やむなく、もう一度下社にお参りし、お賽銭をあげることにした。

P1140050.jpg 
牧谷コース入口
三角点がある広場に廻り、牧谷コースの状況を見てみたが、全く足跡はなかった。このコースは距離が長く、流石に雪道を登ってくる人はいないようだ。

P1140046.jpg
三角点広場より今庄方面を見る

P1140052-002.jpg  
光り輝く白山(北の社から)
北の社があるところに廻ってみると、ちょうど白山にだけ光が当たっており、神々しい姿の白山が眺められた。北の社から降りていく登山道には足跡があった。

P1140054.jpg
福井平野、遠くに日本海を望む(北の社から)

P1140063a.jpg    
バードウォッチングの人(登山者駐車場)
山頂を一回りし山小屋に戻ってみると、もぬけの殻。帰りもしんがりを勤めることになった。駐車場に戻ってくると、まだバードウォッチングの人がおられたので、再度お話を伺うと、やはり北陸新幹線の環境アセスメントのため、鳥類の定点観測を行っているとのことだった。福井の人かと思ったら、大阪から来ているそうだ。寒い中、遠いところからご苦労さん。北陸新幹線は日野山の下を通ることになりそうだ。もしそうなれば工事が始まると、この辺も騒々しくなりそうだ。

白く輝く白山(国道八号線)
帰り道国道八号線を走っていたら、白く輝く白山が見えたので、車の中から写真を一枚撮った。結局今日見た白山の中ではここから見る白山が一番綺麗だったかも・・・

スポンサーサイト
.14 2015 山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/81-58ea6b30

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR