富士写ヶ岳

雪解けの進む富士写ヶ岳(2015.3.29)

P3290037.jpg
前山と富士写ヶ岳(赤いつり橋より)
知り合いに誘われたので、山に登ることにした。先日、登頂を断念した取立山にリベンジすることも考えたが、天気が崩れるとの予報だったので敬遠し、行き先は近場の富士写ヶ岳にした。この山には3月3日に登ったばかりだ。

>>今回歩いたルート(3月3日の地図を流用)



P3290001.jpg
水平道の雪崩跡
我谷登山口周辺に雪は全く見られないが、赤いつり橋を渡ってすぐのところにある雪崩跡はまだ残っていた。雪の上に乗っている枝や土砂が保温材となってなかなか解けないようだ。

P3290005.jpg
土道の見える登山道
登山道はかなり雪解けが進んでおり、土道が出たところが多い。中間点の小リス平から始まる急登もずっと土道が出ていた。

P3290009.jpg
ブナ林の急登
シーズンになれば石楠花が咲く、ブナ林の急登もあちこちに土が顔を出していた。

P3290010_20150329210720f21.jpg
小さくなった雪庇
先日雪庇が発達していた尾根道も雪の山が小さくなっていた。しかし、雪解けが進んだ分、雪に亀裂が走り、少し歩きにくくなっていた。踏み抜くことも多かった。歩き始めから雨がぱらつくことがあったものの、すぐ止んだのでそのまま登ってきたがこの辺りで雨が強くなってきたので、合羽を着ることにした。

P3290014.jpg
前山
富士写ヶ岳と前山の鞍部に登っていく最後の急登は、先日は雪が多く直接登っていけなかったが、今回は直登することが出来た。

P3290018.jpg
小高くなった富士写ヶ岳山頂
今日は日曜日だと言うのに、登ってくるときにお会いしたのは単独行のお二人だけ、山頂にも誰も居なかった。

P3290019.jpg
富士写ヶ岳から小倉谷山に至る尾根(不惑新道)

P3290020.jpg
白山方面を望む
前回同様、山頂の一段下で昼食を取り、1時間ほど居て、下山に掛かった。

P3290032.jpg
赤いつり橋
下山時には全く雨が上がり、下に降りてきたときは薄日も射す、穏やかな天気に戻っていた。

P3290036.jpg
穏やかな湖面
ダム湖の水面も波ひとつなく、春本番といった穏やか景色が広がっていた。今日はワカンを持っていったが使う機会なし、少し滑るところがあったので、アイゼンがあればなお良いだろうが、なくても十分だった。


スポンサーサイト
.29 2015 山歩き comment2 trackback0

comment

藪漕ぎ山男
ついさき迄、コメントを頂いていたのに気付かず大変失礼しました。(1月19日の件です。)U字倶楽部さんの記事はいつも参考にさせて貰っています、
坂井市の三角点は屋上にあるものが多く、全点制覇はあきらめました、さらにこれからは四等を含めると余りにも数が多いため三等までにしようかと思っています、改めて、これからもよろしくお願いします。
加賀低山徘徊部 
2015.04.13 21:41
ジーアイシュー
薮漕ぎ山男さんへ

ブログ拍手にコメントを付けさせてもらったような記憶があります。ブログ拍手はあまり小まめにチェックしないので、本来のコメント欄に書いたほうが良かったようですね。鍋倉山(鶴谷山)の山行記録にコメントをつけさせてもらった様な覚えがあります。鶴谷山(三角点名は鍋倉山となっていますが、地元では鶴谷山と呼ばれています。三角点名は測量のために便宜的につけているので間違いが多いです)には一度、西のほうから延びている破線の道を辿って、残雪期に登ったことがありますが、尾根筋の両側は崖のように切れ落ちていましたから、よくあそこから登れたなと感服し、コメントしました。最近は私の住む坂井市周辺の三角点も精力的に廻られているようですので、興味深く読ませてもらっています。こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

U字倶楽部・お気軽、里山歩き
2015.04.13 23:40

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/89-8f96a5f6

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR