富士写ヶ岳

富士写ヶ岳(2015.8.15)


P8150023.jpg
富士写ヶ岳山頂
妹夫婦が墓参りに帰省。山に行きたいと言うので案内する。暑い中、長く車に乗っているのはいやだと言うので、行き先は近場の富士写ヶ岳。

>>今回歩いたルート(2012.5.24の地図流用)


PT360044.jpg
勝山花火大会
前日、勝山の花火大会を見る。この日はお隣の大野でも花火大会があったそうで、人出はそれほど多くなかったようだ。一番良い席で花火を鑑賞することが出来た。我家からは三国の花火が見えるので、毎年自宅から見ているがこんな近くで花火を見たのは久々だ。大きな花火はなかったようだが、構成はしっかりしていて、要所要所で盛り上がりを見せ。大きな拍手が沸き起こっていた。

P8150003.jpg
富士写ヶ岳我谷登山口
丸岡町竹田から県境トンネルを抜け、石川県へ。国道脇の温度計は20度を表示していた。ちょっとこの温度表示は信じられなかったが、ここ数日少し涼しくなったし、標高が高いのでこの温度は間違いなかったようだ。今日も我谷登山口からのピストンだ。人気の山だし、お盆なのでさぞたくさんの車が停まっているだろうと思ったが、先客は1台だけだった。歩き始めは8時半とそれほど早くなかったが、それでも十分涼しい。先日の浄法寺とは大違いだ。

P8150004.jpg
我谷ダム湖
我谷のダム湖はやはり水位が低かった。今年の梅雨は雨が少なかったし、夏になっても殆ど雨が降っていない。

P8150005.jpg
途中の鉄塔
歩き始めから涼しく、殆ど汗をかかなかったが、同行者が2、3ヶ月振りの登山と言うことなので、途中の大黒線鉄塔の下で休憩を入れる。

P8150007.jpg
登山道の様子
この登山道はほとんど樹林帯の中なので、夏場の登山だと湿気や、くもの巣に悩まされるかと思ったが登山道が広いのでそれほど不快な思いをせず、普段と変わりない登山が出来た。この日は虫も比較的少なかった。

P8150011.jpg
小リス平
同行者も調子が戻ってきたようなので、中間点の小リス平では水分補給だけして、休憩なしで歩き始める。途中、若い4人組のパーティーが降りてきた。大内コースから登り、こちらのコースで下山してきたそうだ。

P8150012.jpg
最初のブナ林
1時間ほど歩き続けたので、最初のブナ林の下で休憩をとる。この日は日差しも弱く、登るとともに冷気を感じるくらいだ。ブナの純林も清々しさを感じさせてくれた。登山道の真ん中にシートを敷いて休んでいたら、夫婦と思われる二人組が登って来られたので、道を開ける。この後、下山時に単独行の男性にお会いしたから、この日登山道でお会いしたのは3パーティーのみだった。30分以上休んで、歩き始める。

P8150015.jpg
富士写ヶ岳山頂が見えてくる
途中の尾根筋からようやく、山頂が見えてきた。この辺りは潅木なので、日差しが当たり、少し暑さを感じた。

P8150019.jpg
山頂直下のブナ林
山頂下のブナ林が見事だった。初夏や秋にこの山にはよく登るが、これだけブナの幹の白さが際立っていたのは今回が初めて。暑い夏のほうがブナは生き生きするようだ。

P8150023.jpg
富士写ヶ岳山頂
休憩時間も入れ、3時間弱で頂上に到着した。山頂には先ほど休んでいたときに道を譲った二人組のパーティーが居られただけだった。山頂で休んでいたが、山頂の周りには高い木がなく、暑くなってきたので、登山道を戻り、前山分岐から少し下がったところで、休憩することにした。この辺りもブナ林で、日差しがなく、かなり涼しい。この日は風がなかったが、それでもしばらく休んでいたら、汗が引いたから、気温はかなり低かったようだ。

帰りは1度休憩を入れ、2時間ほどで降りてきた。高度が下がるとともに暑さを感じるようになり、じわじわ汗をかくようになった。真夏の登山はこれがいやだ。真夏の登山は登るときより、降りるときのほうが大変だと改めて痛感した。山中温泉のゆ~ゆ~館によって汗を流し、帰宅したが、山中温泉近くの道路脇の温度計は28度を指していたから、この日はそれほど気温が上がらなかったようだ。真夏とは思えないほど快適な登山だった。



スポンサーサイト
.15 2015 山歩き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://giwonderworld.blog.fc2.com/tb.php/93-b4e34803

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR