河内南谷林道・岩屋林道を歩く

河内南谷林道・岩屋林道を歩く(2013.11.14)

岩屋越(真砂坂)へのルートを下見するつもりで、福井・石川県境を跨ぐ河内南谷林道から岩屋林道に入り、新岩屋峠(仮称・岩屋林道上にある標高865mの峠)まで行ってきた。脚に違和感があり、その目的は果たせなかったものの、素晴らしい紅葉を堪能することが出来た。

PB140047.jpg 
ブナ林の紅葉
河内南谷林道は坂井市丸岡町の龍ヶ鼻ダムから県境を越え、石川県加賀市の真砂をつなぐ林道。この林道は10年以上前に一度車で走ったことがあり、立派なブナ林が残っていたことは知っていたが、紅葉時期のブナ林がこんなに綺麗だとは知らなかった。ブナの落葉が進み、葉はほとんど落ちてしまっていたが、逆に幹の純白が際立ち、白樺のよう。まるで、上高地や軽井沢の白樺林を歩いているようだった。

今回歩いたルートはこちら

.16 2013 未分類 comment2 trackback1

仁位坂

雪の中、仁位坂に登ったが下見に終わる(2012.12.14)

先日、芦見峠と吉峰坂を歩いた時に、所谷のおばあちゃんから聞いた仁位坂に行ってみたが、雪がひどいのとルート選択をミスしたことで、仁位坂には行き着けなかった。仁位坂は福井市芦見地区の大谷集落から美濃街道に出るのに使われた峠だ。途中に仁位集落があるのでこの名前が付いたようだ。そのおばあちゃんによると、仁位坂は元の峠道を歩いてもいけるし、車で林道を上がって行っても行けると言うことだったので、行ってみることにした。

niizaka 036
仁位坂入口(帰りに撮影したので少し暗い)
永平寺から旧有料トンネルを抜け、旧美濃街道に出る。芦見地区に行く道で折れ、進んで行くとだんだん雪がひどくなっていく。私の住む坂井平野ではほとんど雪が融けてしまったが、芦見地区の大谷集落に来ると思っていた以上の積雪だ。雪が少なければ車で登って行こうと思ったが、そんな状況ではない。歩いていっても峠まで行きつけるかどうか。この日はワカンも持ってこなかったのでつぼ足で歩くしかない。積雪で駐車するところがないので、道路脇の隅に車を置かせてもらって歩くことにした。上記写真の橋を渡り、右上に登って行く道が仁位坂に至る林道だ。
.16 2012 未分類 comment0 trackback0

三角点(火蛇谷)から竜興寺跡へ

三角点(火蛇谷)から竜興寺跡へ(2012.12.13)

北陸地方はずっと雨・雪の不安定な天気が続いている。しかし、13、14日は珍しく高気圧が張り出し、晴れるというので、このチャンスを見逃す手はない。さっそく山に行くことにした。近場の下市山(ミルキングコース)に行くことにしたが途中まで来ると、下市山がある山域の一番北の部分をまだ歩いていないことを思い出した。そこには送電線鉄塔があるから、藪こぎなしで歩けるだろうと、方針転換し、巡視路入口がありそうな場所に向かう。

tsurugiootani 132
七瀬川に架かる打越橋

登り口は剣大谷から福井市東郷地区に行く道の入口あたりにある。上記写真の橋を渡ったところだ。

tsurugiootani 133
対岸の生コン工場

特に目印となるものはないが、対岸には上記生コンの工場がある。

tsurugiootani 073
林道入口

上記林道から山に入っていく。すぐに福井火力線と書かれた巡視路標識が現れるがそこをパスし、次の巡視路入口に向かう。

.15 2012 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR