今年初めての文殊山

文殊山(2015.02.05)

P2050001_2015020622144082b.jpg
春陽気の文殊山
昨年の大晦日以来の文殊山だ。二上登山口にやってくると、田んぼに雪は見られず、春景色が広がっている。今日は丸一日遊ぶつもり・・・二上登山口から半田コースに廻り、半田登山口を確認。再度二上コースに戻り、文殊山に登って、奥の院まで縦走。帰りは四方谷コースか南井コースを降りて、鯖江側の中腹に出来た林道を歩いて、榎坂峠に廻り、大正寺コースから小文殊に登り返し、二上登山口に降りてくる予定。

>>今回歩いたルート


.05 2015 里山歩き comment0 trackback0

鞍掛山

鞍掛山(2015.1.29)


P1290007.jpg
鞍掛山(撮影:加賀市松山町付近)

天気が悪く、山行きは諦めていたが何とか今日は天気が持ちそうなので、急に山に出掛けることにした。行き先は鞍掛山。この山も冬でも登る人が多く、安心して登れる山だ。

>>今回歩いたルート


.29 2015 里山歩き comment2 trackback0

豊原裏山

豊原裏山の巡視路を歩く(2013.12.19)

PC190026.jpg
富士写ヶ岳、小倉谷山、火燈山を望む(@最高地点の14号鉄塔付近)
今年1月に豊原裏山の鉄塔巡視路を歩いたとき(このときの山行記録はこちら)には1mもの積雪があり、12号鉄塔からの降り口が解らず、急な崖を降りる羽目になってしまった。しかし、12号鉄塔から竹田渓谷沿いの県道に降りる巡視路があるはずなので、まだ雪の少ないこの時期に、確認しに行くことにした。

>>今回歩いたルート

.21 2013 里山歩き comment0 trackback0

三国町覚善周辺の里道跡を歩く

三国町覚善周辺の里道跡を歩く(2013.3.4)

確定申告の提出に三国まで行く。最近、こういうことでもないと、三国に来ることがなくなったので、ついでに前々から気になっていた薬師道を歩くことにした。薬師道については覚善辺りを通っていた古道だという知識しかなく。その名前から、近くにあるお薬師さんに参詣する時に使った道だろうくらいに思っていたので、違ったところを歩いてしまったが、ラッキーなことにそれとは別の深く掘れた立派な里道の跡を見つけることが出来た。

P3040007.jpg 
三国町覚善から上がって行く古道跡
余りにも深く掘れた立派な道なので、これが薬師道だろうと思ったが、そうではなく、この道は三国から来た薬師道が覚善で分かれて、西谷集落に至る里道だったようだが、それにしても立派な道が残っていたものである。

>>今回歩いたルート

.05 2013 里山歩き comment2 trackback0

清水城山から細坂峠へ

清水城山から細坂峠へ(2013.2.12)

散歩がてら、先日下市山に登った時に気になった山に行ってみた。その山は福井市総合運動公園の裏手にある、標高114mの小さな山だ。地形図をみると城山とだけなっているので、他の城山と区別するために麓の集落の名を取って、清水城山と呼ぶことにする。

P2120002.jpg 
清水城山(@金屋町)
小さな山だが調べてみると様々なことが浮かび上がって来た・・・運動公園を取り囲むように並んでいる低山一帯にはその名の通り、山城が築かれたことがあり、その城名にちなんで鎗噛(やりかみ)山との別名もある。1997年頃の発掘調査により、中世の竪堀3本、郭2カ所が確認されており、堅堀、土橋等の形状から、戦国期の朝倉氏、若しくは織田方によるものと推定されている。その発掘調査は福井市教育委員会編「鎗噛山城跡遺跡」にまとめられている。また、きれいな円錐形をしていることから安居の小富士とも呼ばれているらしい。

>>今回歩いたルート

.13 2013 里山歩き comment0 trackback0
 HOME 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジーアイシュー
福井県内を中心とした山・峠・古道歩きをやっています。姉妹サイトU字倶楽部の速報版的サイトです。また、同サイトで扱わなかったちょっとした山歩き、ピークハントに失敗した山行き記録などを載せて行くつもりです。

情報提供

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR